賃貸オフィスを退去するなら現状回復をしよう|トラブルを回避

作業者
リフォーム工事

元通りにして返す

賃貸住宅や賃貸オフィスを引き払う時には、家を元の状態にして貸主に返さなくてはいけません。これを原状復帰といいます。原状復帰工事は貸主が決めた業者がすることが多く、工事費用が高くなる傾向があります。他の業者に依頼したり、減額交渉を行うコンサルタントを利用すると費用を節減できます。

高額費用は賃借人の負担か

空き部屋

見積もりの精査で費用削減

オフィスを借りる際、契約書に盛り込まれる内容の中で、原状復帰と記載される場合が多くある。これらは現状復帰と漢字を充てられることも多いが、借りる際の状態まで戻すのであるため、厳密には原状復帰と書くことが望ましいだろう。これと同様に、原状回復と原状復帰と同じような言葉が使われることもある。これはどちらも同じことを指しており、原状回復は法律用語、原状復帰は建設用語として使われることが多いのだ。この原状復帰(現状復帰)、オフィスを返却する場合にトラブルになるケースが多い。その原因として、やはり費用の高額化があげられる。賃貸主が原状復帰(現状復帰)工事を手配した場合、特に高額な請求をされることが多い。しかしそれを鵜呑みにして支払うことは、借り手側にとって不利益である。この原状復帰(現状復帰)費用というのは、大幅に削減が可能だからだ。見積もりをきちんと理解したうえで工事を手配することで、費用を抑えられることもあるので、ポイントを整理しておくといいだろう。例えば、賃貸業者が出した見積もりに、共用部分の費用まで含まれていないだろうか。部分的に修理して対応できるところが、全体修理になっている可能性もある。また、通常使用した場合による損耗、つまり日焼けや床面の老朽化などは、本来オーナー側が負担すべきものであり、賃借人が負担する必要はないと言われている。こういった原状復帰(現状復帰)に関することは、あとでトラブルにならないためにも弁護士・税理士・建築士といった専門のコンサルタント会社に依頼して円滑に解決することがオススメである。まずは無料の相談を利用するといいだろう。

空室

敷金を活用する

賃貸住宅に入居した際は家主に敷金を渡します。室内を破損してしまった場合、貸借人は敷金を活用して修繕することになります。こうした現状回復の範囲は国土交通省が提示しているガイドラインによって定められています。

作業員

テナントの原状回復の特徴

原状回復工事の特徴は借りていたオフィスや店舗、マンションなどを借りたときの原状に回復する工事であり、国土交通省に義務付けられています。そのため無理なスケジュールを組んで退去日に間に合わなければ裁判沙汰になり、余計な費用を支払うことになるので注意が必要です。