賃貸オフィスを退去するなら現状回復をしよう|トラブルを回避

作業員

元通りにして返す

リフォーム工事

費用を節減できる

賃貸住宅や賃貸オフィスを引き払う際には、家やオフィスを借りた時の状態にして貸主に戻す必要があります。これを原状復帰といいます。原状復帰しなくてはならない範囲は一般の住宅とオフィスでは大きく違います。一般住宅の場合経年劣化した床や壁紙、畳などは、貸主が原状復帰しなくてはいけません。しかし借りた方が故意に汚してしまったり、掃除を怠って汚れがこびりついてしまった場合には借主に原状復帰する責任があります。原状復帰する費用は借りた時に納めている敷金から支払われ、余ったお金は返却されます。また原状復帰のための工事は賃貸契約が終わった後に行われます。オフィスや店舗などでは経年劣化でついてしまった汚れや傷も、全て借主が原状復帰工事を行い元通りにして貸主に返す必要があります。また借りた時にスケルトン状態だった場合には、全て取り払って借りた時の状態に戻して退去しなくてはいけません。また工事は退去日までに全て済ませておく必要があります。原状復帰工事のほとんどがオーナーが決めた指定業者によって行われます。その為借主の方は指定業者が出した値段を支払わなくてはいけません。あらかじめ決まっている業者が行う為、他に競合相手もおらず工事費用も高くなる傾向があります。貸主と交渉して他の業者にも見積もりをしてもらうと、より安く工事ができることも少なくありません。また原状復帰工事の減額交渉を行ってくれるコンサルタントもおり、利用すると工事費用を節減できます。