賃貸オフィスを退去するなら現状回復をしよう|トラブルを回避

作業員

敷金を活用する

空室

果たすべき義務

賃貸住宅に入居する際は初期費用として家主に敷金を支払います。敷金は家賃の滞納があった時だけでなく、住まいを破損してしまった際に利用することになります。賃貸から退去する際は家主立ち会いの下で室内を点検しますが、この時に貸借人は現状回復の義務を負うことになるのです。現状回復で支払うことになる敷金や費用は、国土交通省がガイドラインを設けています。例えば住まいの自然な経年劣化で生まれた破損は現状回復する必要がありませんので、注意しましょう。畳は人間が毎日踏みしめるものですから磨り減ったり家具の跡がついたりします。生活する上で生まれる自然な破損は、貸借人ではなく家主が修繕することになるのです。逆に現状回復の義務を負うことになるのが故意の破損です。住人のミスで壁を傷つけてしまったりコンロ周辺を汚してしまったりした場合、退去時に費用を支払いましょう。事前に汚れを落としておくことでこうした義務を背負わずに済むケースもありますから、キッチン周辺やバスルームは良く清掃すると良いでしょう。退去時に現状回復を巡るトラブルが発生するのを避けたい場合、入居した際に室内の写真を撮っておくと良いでしょう。特に気になる破損がある場合はこうした措置をとることで、退去時に家主にきちんと対処できます。他にもどのような破損を現状回復の義務とするのかは家主ごとに変わるものです。鍵の付け替えやタバコのヤニ汚れなど、気になるポイントがある方は契約前に確認しておきましょう。