賃貸オフィスを退去するなら現状回復をしよう|トラブルを回避

作業員

テナントの原状回復の特徴

作業員

借りたテナントは元に戻す

オフィスや店舗、マンションなど人から借りて運用するテナントは、返却する際に原状回復工事を実施しなくてはいけません。飲食店などの場合、壁を一面窓にしてしまうスケルトン工事などを行います。しかし、壁が全部窓の状態でオフィスとして使用することはできません。そうした前に使っていたときの最適な状態と、今後運用するテナントの最適な状態は異なるのです。最初にそのテナントを借りた原状に回復するのが原状回復工事となっています。この原状回復工事の特徴としては、国土交通省によって義務付けられているという点があるのです。つまり適切に実施できなければ違法とみなされ、処罰されることも十分ありえます。そのことを十分認識して、テナントを退去するときの原状回復工事をする予算は確実に確保しておきましょう。内装解体工事というものはカーペットや畳の張替えと壁紙などのクロス張替え、鍵とシリンダー交換など様々な作業があります。それぞれの作業は簡単に終わる類の工事ですが、全て一度にやるとなるとかなり時間がかかるので注意が必要です。テナント退去のスケジュール管理を徹底しておかなければ、退去日を迎えても工事が終わらないということもありえます。そうなると裁判で争うことにもなり、余計な費用を支払うことになるので十分に余裕を持ったスケジュールを組むようにするべきです。原状回復工事を無理の無いスケジュールで実行し、テナントの所有者にしっかり返すように心がけましょう。